>  > フレーバーライフ ティートリー 100mlフレーバー ライフ flavor life ティートリー

English

この研究グループでは、地球規模・領域規模の水循環(蒸発ー水蒸気輸送ー降水の流れ)、アジアモンスーン地域の雨や雲の気候変動(洪水/干ばつ)、地表面状態による降水特性への変化(大気陸面相互作用)、地表面改変による地域気候への影響などを対象として気象・気候現象や気候変動の研究しています。

気象や気候現象を調べるために、地上観測データ(日本ならアメダスなど)、衛星リモートセンシングによる地球観測データ(TRMM/GPMなど)、再解析データ(JRA55など)、気象・気候モデルによるシミュレーションなどを用いて研究しています。

日本では、日本海側の雪、関東の気温・豪雨、アジアモンスーン域では、タイの洪水などの東南アジア、南アジアの雨や熱帯低気圧(台風など)を対象に研究しています。アジアモンスーン地域では、エアロゾルなどの大気汚染物質と雲・雨との関わりなども研究対象です。アジアモンスーンの 降水変動は、日本の気候にも影響することが知られているため、重要な研究対象です。


フレーバーライフ ティートリー 100mlフレーバー テンピュール ライフ flavor life 6780 ティートリー


関東地方の大学で気象学・気候学を学ぶのであれば 【全品ポイント10倍(要エントリー) 31日間限定】 エタニティ アクア ボディローション 200ml 【カルバンクライン】【香水 フレグランス】【ボディケア】【エタニティ アクア 】【CALVIN KLEIN ETERNITY AQUA HYDRATING BODY LOTION】、首都大学東京の地理環境学科が一つの選択肢です。「地理」は、文系のイメージですが、地理環境学科は、理系の教員が多いです。ただし 新春セール メゾン フランシス クルジャン アクア ヴィタエ センティッド シャワークリーム 150ml MAISON FRANCIS KURKDJIAN AQUA VITAE SHOWER CREAM、文系や理系にとらわれずに、それぞれの現象に対して、様々なアプローチで研究をしています。地理環境学科全体については 【クーポン配布中】スパカル シャンプー ラグジュアリー 1000ml(徳用)【2017年9.11.12月度/月間優良ショップ】<ヘアケア ノンシリコン><植物由来成分 毛髪ケア 頭皮ケア><エステ ハーブ アロマ スパ軽井沢化粧品 SPAKARU>Venus Beaute×美肌党、こちらのHPをご確認ください。

その中で、気象学・気候学・地球環境学も学べます。地球規模気候変動から都市の気候まで幅広く研究できます。気象学・気候学を選択する学生は理系の学生が多いですが、文系の学生もいます。

入試は、「地理」や「地学」以外の「物理」と「化学」などでも受験できます。詳しくは、入試情報を必ずご確認ください。


大学院で、気象学・気候学を学びたい学部生の皆さんへ


首都大学東京では、気象学・気候学の大学院生を募集しています。学部での専門が異なる方もご検討ください。
毎年5月を目処に研究室訪問をお願いします。日程を調整しますので、メールでご連絡ください。
具体的な研究内容は、本HPなどを参考にしてください。


News


過去のニュースへ

life フレーバーライフ ライフ 100mlフレーバー 100mlフレーバー life ティートリー ティートリー flavor

2019.4.3
大学院生(博士前期、博士後期)募集
大学院生(博士前期 【正規品・送料無料】イプサ アイブロウライナー<カートリッジのみ>+お肌ツルツルセット、博士後期)募集中です。気候システム研究グループでの研究を希望される方は、高橋(hiroshi3 -at-tmu.ac.jp)に事前にご相談ください(遠方の方で、研究室訪問が難しい方は電話などでも対応します)。
大学院説明会が6月1日(土)に予定されていますので、そのあたりまでを目処にコンタクトをとってください。
大学院は、首都大学東京 都市環境科学研究科 地理環境学域気候学研究室)を受験していただきます。

2019.4.3
JSPS研究員募集
日本学術振興会(JSPS)の特別研究員(PDなど)に、本研究室を受け入れとして応募したい方は、下の連絡先まで4月中旬を目処にご相談ください。 [JSPS]

2019.4.1
首都大学東京は、

、大学名を2020年4月から「東京都立大学」に変更するための手続きに入ることが決定されました。 詳しくはこちらをご覧ください。

2019.3.8
New paper will be published.
Sugimoto, S., H. G. Takahashi, and H. Sekiyama, 2019: Modification of Near-Surface Temperature Over East Asia Associated With Local-Scale Paddy Irrigation. J. Geophys. Res. Atmos., 124, 2665-2676, doi:10.1029/2018JD029434.[Web Page]

2019.2.14
博士論文公聴会のお知らせ
Defense of Ph.D Thesis

日時: 2019年2月21日(木)13:00~14:30
場所: 国際交流会館 中会議室
発表者:神澤 望
題目:Climatological study on long-term changes in the interannual variation of the Asian summer monsoon precipitation(夏季アジアモンスーン降水量の年々変動の長期変化に関する気候学的研究)

2019.2.7
New paper will be published.
Takahashi, H. G., and J. Polcher, 2019: Weakening of rainfall intensity on wet soils over the wet Asian monsoon region using a high-resolution regional climate model. Progress in Earth and Planetary Science, 6, 26, doi:10.1186/s40645-019-0272-3.[Web Page]

2019.1.31
卒業論文発表会(学内)での発表
柳澤 哲:インドモンスーンの年々変動における地域性について

2019.1.24
修士論文発表会(学内)での発表
星 亮輔(M2):冬季AOと続く夏季の気候の関係性の長期変化
山﨑 拓弥(M2):寒候期における関東地方の降雪に黒潮流路が与える影響

2018.11.29
修士論文構想発表会(学内)での発表
北林翔(M1): 大規模火山噴火に伴う全球地表気温変化へのENSOの寄与
松浦果菜(M1): 北西太平洋における熱帯低気圧の将来変化

2018.11.14
5th International Workshop on Nonhydrostatic Models(気象庁)でのポスター発表
Rakesh Teja Kondure(D1): Continental-scale simulation of diurnal variations in South Asian summer monsoon: Insights from the explicit and parameterized convection experiments
Takuya Yamazaki(M2): An oceanic impact of the Kuroshio path on snowfall on the Kanto region of Japan in the cold season

2018.11.12
The 11th International Atmospheric Circulation Reconstructions over the Earth (ACRE) Meeting (首都大学東京)でのポスター発表
Hiroshi G. Takahashi: Long-term trends in snowfall over Japan

2018.10.29
日本気象学会2018年度秋季大会(仙台国際センター)でのポスター発表
高橋洋: CMIP5モデルでの系統的な乾燥バイアス:水蒸気量と降水特性の関係
神澤望(D3): d4PDFにおける夏季アジアモンスーン降水量の将来変化
星亮輔(M2): 冬季のAOと続く夏季の気候の関係性の長期変化
松浦果菜(M1): 北西太平洋における弱い熱帯擾乱を含めた熱帯低気圧の将来変化

2018.10.29
日本気象学会2018年度秋季大会(仙台国際センター)での口頭発表
高橋洋: エアロゾルの大気水循環への影響 -プロセスによる分離-

2018.9.26
第10回熱帯気象研究会(名古屋大学)での口頭発表
高橋洋: A preliminary study on reproducibility of rainfall characteristics in CMIP5-GCMs over the tropics
神澤望(D3): 大規模アンサンブル実験による夏季アジアモンスーン降水量の年々変動とその極値の将来予測

2018.9.12
New paper will be published.
Kamizawa, N., and H. G. Takahashi, 2018: Projected Trends in Interannual Variation in Summer Seasonal Precipitation and Its Extremes over the Tropical Asian Monsoon Regions in CMIP5. J. Climate, 31, 8421-8439, doi:10.1175/JCLI-D-17-0685.1. [Web Page]

2018.8.27
New paper will be published.
Takahashi, H.G., Watanabe, S., Nakata, M., and Takemura, T. 2018: Responseof the atmospheric hydrological cycle over the tropical. Progress in Earth and Planetary Science (PEPS), 5, 44, https://doi.org/10.1186/s40645-018-0197-2. [Web Page]

2018.5.23
New paper will be published.
Takahashi, H.G., 2018: A Systematic Tropospheric Dry Bias in the Tropics in CMIP5 Models: Relationship between Water Vapor and Rainfall Characteristics. Journal of the Meteorological Society of Japan. Ser. II, 96, 4, 415-423, doi:10.2151/jmsj.2018-046. [Web Page]
[日本語要約 local]

 

Contact

〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1 プロジェクト研究棟303号室
首都大学東京大学院 都市環境科学研究科 地理環境学域
高橋 洋
E-mail: hiroshi3~at~tmu.ac.jp

 


{yahoojp} {camo.geog.ues.tmu.ac.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-20725