>  > DOTTY プレオ RA1/RA2 シートカバー COX
BMW 4シリーズ リア 左右セット ブレーキディスクローター FPタイプ 13/09~ BMW F36 (Gran Coupe) 435i/440i 4B30/4E30 Option [M SPORTS BRAKE] ディンプル&スリットタイプ FP1277966 【送料無料】【DIXCEL】ポイント5倍【ディクセル】
Search

検索したいワードを入力してください

Category
2019年03月04日

DOTTY プレオ RA1/RA2 シートカバー COX

JavaScriptのjoinメソッドは、配列の組み込みメソッドです。配列の要素を指定した文字、セパレータ(separator)で複数の要素をつなぎ合わせ、一つの文字列を作り出すことができます。この記事ではjoinメソッドの基本的な使い方を説明しています。

DOTTY プレオ RA1/RA2 シートカバー Artina COX (エンケイ)

JavaScriptのjoinメソッドは、配列であるArrayオブジェクトの組み込みメソッドであり、配列の各要素を指定した文字(separator: セパレータ)で連結し、新たな文字列を生成します。

データを解析し、配列に指定したデータを格納している場合など、joinメソッドを使うことで必要な文字列を生成することができます。joinメソッドはJavaScriptの中でもとても基本的なメソッドの一つになります。

今回は、このJavaScriptのjoinメソッドについて説明していきます。

joinを使って配列の連結を行う方法

JavaScriptのjoinメソッドの基本的な使い方はいたって簡単で、配列であるArrayオブジェクトと区切り文字であるセパレータ(separator)を指定するだけです DAD ギャルソン GJ1/2 エアウェイブ ラグジュアリー カーテンキット コレクション DADモノグラムデザインセット 1列目。

重要なポイントは、配列(Arrayオブジェクト)とセパレータ(separator)です。ここではそれぞれの特徴や注意すべき使い方、joinメソッドのコード例などを紹介していきます 。

COX シートカバー シートカバー プレオ COX RA1/RA2 DOTTY

joinメソッドの基本構造はいたって簡単で、配列であるArrayオブジェクトに".join( separator )"をくっつけるだけです。具体的には下記が基本構造になります グッドイヤー LS2000 Hybrid2 ハイブリッド2 サマータイヤ 165/55R15 BLEST Eurosport Type815 ホイールセット 4本 15インチ 15 X 5 +45 4穴 100。それぞれわかりやすいように変数を宣言する形にしています 15インチ サマータイヤ セット【適応車種:パッソ(10系)】HOT STUFF ララパーム カップ パールホワイト/リムポリッシュ 5.5Jx15ZIEX ZE914F 185/55R15。

// 基本形
// var array = ["要素1", "要素2", "要素3",...]
// var test_join = array.join( separator )

// 戻り値
// "要素1要素2要素3..."

JavaScriptの配列とは

joinメソッドで登場する配列と呼ばれるArrayオブジェクトは、JavaScriptの標準オブジェクトの一つで、内部で複数の要素を持つオブジェクトです。角かっこ( [ )で複数の要素を囲んでいます。具体的には下記のようなものが配列として認識されます。

// 配列
var test_arrayOBJ = ["cat", "dog", "lion", "fox"]
var test_arrayOBJ2 = ["cat", "dog", "lion", "fox", 1, 100] // 数字を混在


Arrayオブジェクトは、その要素が必ずしも文字列に限定されるわけではなく、数字を混在させることも可能です。

セパレータ(separator)を使った基本的な使い方

JavaScriptのjoinメソッドの重要なポイントの1つであるセパレータ(separator)は、Arrayオブジェクトの各要素を繋ぐ区切り文字のことです。このセパレータの設定を変えることで自在に文字列を作り出すことができます。下記のコード例を見てみましょう。

var test_array = ["0000", "1111", "2222", "3333"]
var test_join = test_array.join('abcd')
console.log(test_join)

//戻り値
0000abcd1111abcd2222abcd3333

このコード例では、要素を繋ぐ文字であるセパレータ(separator)に"abcd"を使っています。戻り値で各要素を繋ぐ部分に"abcd"に付け加えられていることが確認できます。

JavaScriptのjoinメソッドでは配列であるArrayオブジェクトとセパレータ(separator)を指定することで、配列の各要素をつなぎ合わせた文字列を作り出すことができます。

セパレータ(separator)にハイフン(-)を代入する

セパレータ(separator)にはハイフンなどの記号も指定することができます。電話番号や郵便番号などではハイフンを使い見やすく表記したりすることがありますが、そういったときにもjoinメソッドを有効活用することができます。下記のコード例で確認して見ましょう。

// 基本的な使い方 => ハイフン
var test_array2 = ["03", "1234", "5678"];
var test_join2 = test_array2.join('-');
console.log(test_join2);

//戻り値
03-1234-5678

配列あるArrayオブジェクトのtest_array2を対象としてjoinメソッドを使い、セパレータ(separator)にハイフン(-)を指定しています。

その結果、戻り値が電話番号のようにハイフンでつながれた文字列になっていることがわかります。このように記号を指定することでより自由自在に配列をつなぎ合わせることができます。

セパレータ(separator)にクオーテーション(”)を代入する

JavaScriptのjoinメソッドのセパレータ(separator)では、接続する文字にクオーテーションを指定することもできます 16インチ サマータイヤ セット【適応車種:クラウン(ARS220 2.0L)】A-TECH シュナイダー DR01 GGC ブラックポリッシュ+グラマラスゴールドクリア 6.5Jx16RADAR Rivera Pro 2 215/60R16。JavaScriptでは、文字列オブジェクトを表現するのに、クオーテーションを使用します。

クオーテーションはシングルクオーテーション(')でもダブルクオーテーション(")でもどちらも使うことができます。

DOTTY プレオ RA1/RA2 シートカバー COX

カワサキ純正 シート アッシー グレー 53001-1939-LG JP店, Beatrush アンダーパネル トヨタ ヴィッツ[NCP10、NCP13]、 イスト[NCP61] 【送料無料】  * LAILE レイル, ■KAAZ BASIC LSD 2WAY ◆トヨタ レビン AE101 4A-GZE 91.6~95.6【ビスカス/FF/フロント/MT】DAT2010, チャージスピード CHARGESPEED 撃速 GENOA-S GSF-02 レッド FRP, 【クーポン利用で最大1200円OFF!】YOKOHAMA ADVAN SPORT V105W 295/35R20 105Y XL N0 【295/35-20】 【新品Tire】ヨコハマ タイヤ アドバン スポーツ V105【店頭受取対応商品】 BELT DRIVES LTD. ベルトドライブ プーリー関連 3 INCH FRONT PULLEY 8MM 47T 37-54 B.T. (NU) (TAPERED SPROCKET SHAFT), 【ステラ シートカバー】 LA150F/LA160F H28/6-H29/7 カジュアル ベレッツァ/Bellezza (D795, DIXCEL BRAKE PAD M Type リア用 アウディ TT 8NAUQ/8NBAUF/8NBAMF/8NBVR/8NAPXF/8NBHEF用 (M-1350565)【ブレーキパッド】ディクセル Mタイプ, 【関西、関東限定】取付サービス品Rolls-Royce Ghost ロールス ロイス ゴースト リアアンダー / ディフューザー【ヴォルシュテイナー】ROLLS ROYCE GHOST  V-GR Aero Rear Diffuser Carbon Fiber PP 2x2 Glossy, 【RA プレオ レオン】プレオ RA1/2 H13.02-最終 ダッシュボードマット ホワイト ピレリ DRAGON SPORT ドラゴン スポーツ (数量限定特価) サマータイヤ 215/45R17 BBS RG-R 鍛造1ピース ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +45 4穴 100

DOTTY プレオ RA1/RA2 シートカバー COX:◆ELYSION◆エリシオン◆H16.5~18.12 RR1.2.3.4前期◆フォグ◆H11◆35W HIDオールインワンミニ◆ ESPELIRダウンサス前後セットLA160SムーヴカスタムXスペシャル H28/6~H29/7

DOTTY プレオ RA1/RA2 シートカバー COX.【GruppeM】 Replacement 純正交換エアフィルター メルセデスベンツ C-CLASS 203 にお勧め! 203 035系 品番:33-2244 YOKOHAMA ヨコハマ アドバン デシベル V551 dB サマータイヤ 235/50R18 MONZA JP STYLE CRAVER ホイールセット 4本 18 X 8 +40 5穴 114.3

15インチ サマータイヤ セット【適応車種:フィット シャトル(GG系)】HOT STUFF Gスピード P02 メタリックブラックポリッシュ 5.5Jx15プロクセス CF2 185/60R15 ZESTINO ゼスティノ Gredge 07R 205/45R17 KYOHO 共豊 STEINER シュタイナー WX5 ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +48 5穴 114.3

。下記コードはJavaScriptでは共に文字列を表しており、同じ値と見なされます。

// 文字列オブジェクト
var stringObject1 = "Hi, Jon! How are you?"
var stringObject2 = 'Hi, Jon! How are you?'

一方でJavaScriptのjoinメソッドではセパレータ(separator)を指定するのにクオーテーションを使用します。

そのため、文字列を表現するクオーテーションとjoinメソッドのセパレータ(separator)が競合することが考えられますが、これはシングルクオーテーションとダブルクオーテーションを使い分けすることで回避することができます。

つまり、セパレータ(separator)でシングルクオーテーションを使いたい場合は文字列オブジェクトの表現にダブルクオーテーションを使い、反対にセパレータ(separator)でダブルクオーテーションを使いたい場合は文字列オブジェクトの表現にシングルクオーテーションを使うということです。

次のコード例で確認してみましょう。

// 基本的な使い方 => クオーテーション
// パターン①
var test_array3 = ["03", "1234", "5678"];
var test_emptyString = test_array3.join("'");
console.log(test_emptyString)

// パターン②
var test_array3 = ["03", "1234", "5678"];
var test_emptyString = test_array3.join('"');
console.log(test_emptyString)

//戻り値
03'1234'5678 // パターン①
03"1234"5678 // パターン②

パターン①ではセパレータ(separator)でシングルクオーテーションを指定するために文字列オブジェクトの表記にダブルクオーテーションを使っています。

一方でパターン②ではセパレータ(separator)にダブルクオーテーションを指定するために文字列オブジェクトの表記にシングルクオーテーションを使っています。

戻り値でそれぞれ使いたいクオーテーションマークを使うことができていることが確認できます。このようにして、joinメソッドのセパレータ(separator)でもクオーテーションを指定することができます。

Arrayをカンマの区切りで連結する

次はJavaScriptのjoinメソッドの少し特殊な特徴を見てみます。joinメソッドではセパレータ(separator)に文字列を指定することでその文字で区切られた文字列を生成することができますが、セパレータ(separator)に何も指定しない場合、自動的に区切り文字にカンマ(,)が使われるように設定されています。

次の章からセパレータで指定する方法とセパレータに何も指定しない方法の2つのコード例を見て、実証していきます。

joinメソッドの引数にカンマ(,)を代入する

まずは、セパレータ(separator)にカンマを(,)を指定する方法です。ここでは下記のように基本的な使い方をして、カンマ区切りの文字列を生成しています。

// joinメソッドの特徴 -> カンマ区切り
var array = ["03", "1234", "5678"];
var test_commaSeparator = array.join(',');
console.log(test_commaSeparator)

// 戻り値
03,1234,5678

引数を省略することも可能

次はセパレータ(separator)を指定しない方法です。先ほども記載したようにJavaScriptのjoinメソッドでは、セパレータ(separator)を指定しない場合、カンマ区切りの文字列が生成されます。次のコードで確認してみましょう。

var array = ["03", "1234", "5678"];
var test_noSeparator = array.join();
console.log(test_noSeparator)

//戻り値
03,1234,5678


セパレータ(separator)に何も指定しない場合、カンマ区切りの文字列が生成されていることが戻り値から確認できます。

このようにカンマ区切りの文字列を生成する場合は、セパレータ(separator)で指定する方法とセパレータ(separator)で指定しない方法の2つの方法を使うことができます。

JavaScriptのjoinで配列や文字列を連結する方法のまとめ

以上がJavaScriptのjoinメソッドの使い方です。重要なポイントは配列であるArrayオブジェクトとセパレータ(separator)です。セパレータを活用することで、文字列だけでなくハイフンなどの記号でもArrayオブジェクトの要素を繋ぐことができます。

またクオーテーション記号を使う場合は、シングルクーテーション(')とダブルクオーテーション(")を使い分けることで使いたいクオーテーション記号を使うことができます YOKOHAMA ヨコハマ エコス ECOS ES31 サマータイヤ 205/50R17 BLEST Eurosport Regulus A1 ホイールセット 4本 17インチ 17 X 6.5 +52 5穴 114.3。さらにセパレータ(separator)を指定しない場合は、カンマ(,)区切りの文字列が生成されます。

このようにセパレータ(separator)を使いこなすことで多様な文字列を生成できるのが、JavaScriptのjoinメソッドです。基本構造や使い方を把握し、どんどん活用していきましょう。

多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ

TechBoostお金を払ったかいがあってすごく手厚いサービスで今のところすごく満足。

今日もスクールに通ってる人同士の交流会みたいなのもあってすごく有意義に過ごせた。#techboost#プログラミング

— Yatsushi@将来宇宙旅行します (@yatsushiGUN) 2019年1月18日

@tech_boost のカウンセリング完了!

いやー、ノウハウの宝庫!
カウンセリングだけでも凄い収穫!
プログラミングだけではなく起業や転職支援についても色々聞けた。
即断即決!その場で申し込み完了。

遅くても来年の春までに起業します!
僕の場合、これが現実的な最適解!
全てが楽しみだー!

— kinsu (@waraiotoko8) 2018年8月17日

Related

Pickups

Latests

{yahoojp} {magazine.tech-boost.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-25366