>  > Clazzio/クラッツィオシートカバー プライム スズキ ランディ H28/12~ グレード: 2.0S 型式: SC27 定員: 8 EN-5631
ディクセル ブレーキローター PD(プレーンディスク) フロント左右セット レーザー BG7PF 3513087 DIXCEL ディスクローター ブレーキディスク【店頭受取対応商品】

K&N リプレイスメント 純正交換タイプ エアフィルター V-CLASS 638 638 234/230 33-2766 K and N KアンドN REPLACEMENT【店頭受取対応商品】

HOME > 山のぼり トップ > ツアーレポート

山のぼり ツアーレポート

Clazzio/クラッツィオシートカバー プライム スズキ ランディ H28/12~ グレード: 2.0S 型式: SC27 定員: 8 EN-5631

御神楽岳はよく知られた山ですが、一等三角点のある貉ヶ森山(むじながもりやま)は一等三角点マニア、あるいは相当な山好きでないと知らないかもしれませんね。福島県と新潟県の県境にある山なのですが、登山口となる塩ノ倉峠まで車で上がれれば、あとは踏み跡のあるヤブを1時間で山頂。"車で上がれれば・・・”というのは、この林道が頻繁に崩れて通行止めになるのです。

ガイド:水谷 俊夫

郡山から会津坂下ICで降りたところのコンビニで昼食を買い込み、そこから1時間で塩の倉峠に到着 LEDルームランプ 車種専用 N-ONE JG1/2。
峠へは本名ダムから本名津川線に入り、途中で御神楽岳への林道を右に分けて峰越林道に入ると大きな石がドカーンと落ちていたりして落ち着かない運転を強いられた。でも無事12時前に峠に着き、昼食を済ませて出発。判り難い入口だがゲストの立っているところが入口。
出発して踏み跡を追うと黄色と黒のテープが巻かれた金属の杭があった。

Clazzio/クラッツィオシートカバー プライム スズキ ランディ H28/12~ グレード: 2.0S 型式: SC27 定員: 8 EN-5631,[#tong##]

注)こちらの商品はメーカー直送品となります。 メーカー直送品のため、当店が商品出荷時に配信しているお荷物問合せ伝票番号が記載された「出荷案内メール」はお出しできませんので予めご了承ください。注)沖縄・離島注文不可 メーカー品番(11サイト準拠):EN-5631車種名:ランディ定員:8年式(平成):H28/12~グレード:2.0S型式:SC27適合情報:2列目 ロングスライドシート車/3列目 スライド無し車適合不可情報:2列目 超ロングスライドシート車/3列目 スライドシート車SRSサイドエアバッグ装備車両:なし1列目の肘穴:-・ヘッドレスト総数 :8・1列目肘掛:2・2列目肘掛:1・3列目肘掛:0

。これを進むとすぐに東北電力の雨量観測計に出た。
帰路に判ったことは、金属の杭のところで右に入る踏み跡がありコレがルートのようだ。
峠から40分程で貉ヶ森山の北の峰に立つと目線より少し低い灌木の先に山頂を眺めることができた。
北の峰から少し下り、小さな崩れのところで翌日に登る「御神楽岳」が目に入ってきた。
ただもっと気になったのがその右に見える尖った山 ポッシュ POSH ウインカーセット GPZ900R クラシカルシリーズ スリム&シャープタイプ メッキ/オレンジ 038046-53 JP店。その山が笠倉山(カサクラヤマ/1139.7m)と知ったのはこの日泊まったお宿の方に伺ってのこと 【謝恩セール】ドライブチェーン RKジャパン GPシリーズGP520R-XW [シルバー]  108L スズキ ジェベル250XC/GPS 97~05 。道はないけどやっぱり踏み跡があって登れるらしい。登りたいな~尖った山(^_-)
周囲の景色を楽しむなんて事は期待できない貉ヶ森山の山頂ですが、一等三角点が待っていてくれました LSD 159 E CUSCO LSD type MZ リア 1way(1&2way) トヨタ クレスタ JZX81 1988.8~1992.10 1JZ-GE 2500 FR。
ちなみに会津百名山にも含まれている山です 【USA在庫あり】 カーカー KERKER 3.5インチ スリップオンマフラー 97年-03年、05年-07年 FLSTS/C 12878030 HD店。
2時間弱で貉ヶ森山を終えて、御神楽温泉に移動。
この日は登山よりも移動の方が長い1日。午後5時に御神楽温泉「小会瀬(こあせ)」に到着。
さっそく入浴&夕食で翌日に備えました。
宿にご無理を言って6:15から朝食。
7時ちょっと前に宿を発ち御神楽岳の室谷登山口を7時17分に出発。
道は雨が降っていなくても湿っていて、雨が降れば水が流れるような道がず~っと続きました。
途中で咲いていたのがショウキラン(鍾馗蘭)
調べてみると腐生植物で葉緑素がない。要するに光合成しないから菌根を形成して菌類との共生によって栄養を得ている多年草とのこと。いい臭いがするらしい。
実は私は最初見たときはギンリョウソウと間違えたのですが、こちらはピンク色でした (^_^;)
登山道途中にあった水場。ペットボトルに水を満たしてさらに上へ
立山杉をイメージするほど太い幹周りの杉の大木で休憩。
GPSではここから山頂まで直線距離で1km!
蝉コース分岐のある雨乞峰から少し下って最後の登り。
分岐の看板は地面に這いつくばってました。
頂上に近ずくと残念ながらガス×ガス
景色は望めませんが、ヒメサユリが数輪さいていてみなさん写真を撮りまくってました。
ゆっくりゆっくり登って3時間半。山頂に到着。
周りは相変わらずガス
このツアーも明るく楽しいみなさんで幸せでした。
30分ほど休憩のあと下山はダダダ~と2時間で下って、宿に戻り入浴&手打ち蕎麦を食べて3時に宿を出発。郡山駅に4時50分に到着して解散。
みなさんありがとうございました。

ページトップへ戻る

ナビゲーション
{yahoojp} {powerzone.co.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-11188